薬剤師になりたい人のための仕事/資格/求人に関する知識【ホワッツファーマシスト】
災害

災害時に必要とされる薬剤師

地震大国と言われる日本は大地震により度々被害を受けています。被災地の救援には自衛隊や警察、消防、また医師や看護士と共に多くの薬剤師も必要とされます。
災害に見舞われた際の、薬剤師にできることを確認しましょう。

被災地における薬剤師の役割

地震や津波は、火災などの二次的な被害を生みます。大雨による洪水など日本では多くの災害が発生する可能性があります。

そして、それらの災害により多くの負傷者が発生し、医療による看護が必要となることから、絶対的に医薬品が必要となり、薬剤師が不可欠となるのです。

医療チームによる支援

薬剤師一人ではできることは少ないかも知れません。しかし災害時においては医師や看護士も同じことがいえます。医師と看護士、薬剤師と医療関係者がチーム編成を組むことにより、多くの人の命を救うことができるようになります。

多くの自治体において、災害時の医療体制について検討がなされており、救護医薬品なども用意されております。

支援医薬品の仕分け

多くの震災の経験から、現在では自治体や薬剤師会、医薬品の卸売業者により医薬品が災害等にそなえて備蓄されております。

災害直後の急性期は主に怪我などへの対応が求められることから、薬剤師の出番は無さそうに思われがちですが、看護に医療品は不可欠であり医薬品を必要としている災害拠点病院などでも、災害による影響で普段と同じように医薬品などが利用できない場合なども考えられます。

一般の人よりも医療の心得のある薬剤師だからこそ、医師や看護士がいない場合、また医師が軽症と診断した人に対して手当などの、直接的な看護も求められることもあります。

被災してから数日程で全国から支援医薬品が届けられますので、病院、救護所、避難所など各施設にて必要とされる医薬品の管理・仕分けを行わなければいけません。

災害時の処方せんの扱い

地震などで家屋が倒壊した場合や火災などにより、普段服用している薬が飲めなくなってしまう人が多数発生します。

喘息や高血圧、糖尿病の人の場合は命に関わることもあり、薬の確保が最優先となります。

基本的には医師の診断を受け処方せんによる調剤を基本としますが、医師が不在の場合などは、薬剤師の判断で医薬品を提供する必要があります。

お薬手帳などがあれば容易に医薬品を提供することが出来るため、災害時の非常持出し物品にお薬手帳を加えるよう衆知している自治体もあります。

衛生管理・環境管理

災害により途絶えた水道、電気、ガスなどのライフラインは1週間程で回復すると言われております。

被災地において最も困るのがトイレと言われており、充分な水が確保できないことから、体を清潔に保つことも難しく、感染症や疫病の蔓延などが懸念されます。

薬剤師は薬の知識以外にも、衛生管理に関する知識も持っておりますので、地域の保健所などと協力して避難所などで被災した人が安全に安心して過ごせるように、環境整備などを指導していく必要もあります。

津波などによる水害時には生活用品を消毒して利用することで、感染症などを防ぐことができます。薬局にある次亜塩素酸ナトリウムや塩化ベンザルコニウムなど、薬剤師にとっては身近な物と知識が役に立ちます。

薬剤師だからできることがある

災害救助法施行令より、薬剤師は必要が有る場合には救助業務に従事するように規定されております。

医師や看護士、歯科医や救命士などの医療関係者だけでなく、土木、鉄道、自動車など様々な業種の人が規定されております。

まったく薬剤師とは関係の無い支援活動が必要とされる場合もありますが、医療知識は被災地で最も求められております。

大きな震災を多く経験している日本だからこそ、少しずつですが震災に対抗する為のノウハウが整ってきております。そして薬剤師は救援活動において、無くてはならない存在とされているのです。

  • <薬剤師に関する基礎知識>国家試験・受験資格・給与・求人・職場
  • <薬剤師の仕事内容>調剤・医薬品供給・薬事衛生
  • <薬の話>薬剤師・ジェネリック・医療用医薬品・市販薬
  • <薬剤師コラム>派遣・管理・災害