薬剤師になりたい人のための仕事/資格/求人に関する知識【ホワッツファーマシスト】
管理薬剤師

管理薬剤師という働き方

職場・仕事先のページにてご紹介しましたが、薬剤師の約半数が薬局やドラッグストアにて勤めております。
なぜ調剤を行わない店舗にも多数の薬剤師が勤めているのかというと、薬を扱うドラッグストアを開設するためには管理薬剤師が不可欠だったからです。

薬局・ドラッグストアで働く管理薬剤師

薬局や薬を扱うドラッグストアを開設するにあたって、薬事法の規定に沿わなければいけません。

例えばドラッグストアを新しく開こうとした場合には、開設者(オーナー)が薬剤師であれば問題ありませんが、薬剤師資格を持っていない場合は、薬剤師を雇い、管理薬剤師として店舗の管理を任せなければ、オープンすることができなかったのです。

管理薬剤師は店舗の兼業などを行うことが法律で禁止されておりますので、全国の薬局の数だけ管理薬剤師が存在するということになります。

管理薬剤師の仕事

管理薬剤師といえば名ばかりで、実際は店舗のオーナーが管理を行っていると考えがちですが、薬に関する知識の無い開設者に対して、薬を扱うための設備に関する助言等も行わなければいけません。

薬を管理するための帳簿のチェック、保管期間などによる品質管理、もちろんお客さんからの薬に対する相談に対して応答など、一般的な業務もあります。

店舗で働くパートや他の薬剤師などの管理も管理薬剤師の仕事とされており、シフトの作成などをする場合もあります。

医薬品ではないサプリメントに対して特定の効果をポップ(広告)として表示することは違法であり、それらの表示内容の確認などの仕事もあります。医薬品は陳列方法なども法律にて義務付けられておりますので、衛生管理や設備管理も含め開設者以上の権限が管理薬剤師にはあるのです。

管理薬剤師になるには?

管理薬剤師になるために資格や試験があるわけではなく、薬剤師資格があれば誰しもがなれるのが管理薬剤師です。

しかし管理薬剤師として働くためには、薬に関する知識だけでなく、薬事法や薬剤師法などの法律に関する知識や、処方せんによる調剤を行う薬局などの場合は医療事務、レセプト、医療保険に関する知識も必須です。

薬剤師と管理者という立場を兼用するため、大きな責任を負うことになりますので、3年以上の経験が望ましいとされており、多くの管理薬剤師が薬局長を兼ねる経験者とされております。

薬を売るためには管理薬剤師がいなければいけません!

小さなドラッグストアで、風邪薬などをうっているスペースにシャッターが閉まっていて、薬剤師が不在のため薬を買うことが出来なかったことがありませんか?

管理薬剤師が不在の時に、他の薬剤師がいる場合には管理責任を代行することで医薬品の販売を行うことができますが、代行できる薬剤師が不在の場合には薬を売ることは禁止されているのです。

登録販売者と管理薬剤師の関係

2006年の薬事法改正に伴い登録販売者制度が設けられ、医薬品の販売環境などと合わせて検討会が重ねられ、2009年から新たな資格として規定されたのが登録販売者です。

一般医薬品の一部を販売ができる登録販売者

薬局などで買うことができる市販薬は一般医薬品として、第一類、第二類、第三類に分類されることは、医療用医薬品と市販薬の違いのページにてご紹介しました。

登録販売者の資格を習得することにより、薬剤師がいない店舗でも第二類と第三類の薬を販売することが出来るようになるのです。

登録販売者になるには?

薬剤師としては6年制の薬学部卒業が受験資格となりますが、登録販売者の場合は、高等学校卒業者が薬剤師や登録販売者がいる店舗にて、一般医薬品の販売などの業務を1年以上行うことで、資格試験を受けるための受験資格を得ることができます。高等学校卒業資格が無くても同様に4年以上の経験があれば受験することができます。

もちろん、薬学部や薬科学部卒業者にも受験資格はあります。

資格試験は各都道府県にて1年に1回のペースで行われております。

登録販売者が管理者になれる!?

薬局の管理者には薬剤師しかなることができず、管理薬剤師として多くの有資格者が働いておりますが、登録販売者が経験を積むことで管理者になることができると規定されました。

登録販売者資格を習得してから、薬剤師の元で3年以上の販売経験を積むことにより、薬局の開設に必須となる管理者になることができます。

またコンビニなどでも登録販売者がいれば、第二類、第三類の医薬品を販売することが出来ます。

第一類の販売は薬剤師のみの仕事

薬剤師が販売時に書面による説明義務がある第一類の医薬品に関しては、管理者となった登録販売者でも販売することはできません。

しかし第一類医薬品の一般医薬品に占める割合は5%程度とされておりますので、第一類の販売を行わなければ、管理者権限のある登録販売者さえいれば薬剤師が不在の状態でも薬局を開設することもできるのです。

薬剤師の仕事が減る?

2009年から登録販売者試験が始まったので、3年後の2012年には登録販売者が店舗管理者となっているドラッグストアも出てくると考えられます。

薬剤師の受験資格が6年制薬学部と規定されたのが2006年であり、多くの6年制薬学部卒業者が薬剤師になるのも2012年です。

2010年、2011年の薬剤師受験者が少ないことから2015年ぐらいまでは飽和状態にはならないとされておりますが、ドラッグストアへの就職率は落ちると懸念されております。

しかし薬剤師にしかできない仕事は多数ありますので、資格に甘んじるのではなく常に新しい情報を取り入れ、経験を積み自己を高めるように努めなければいけません。

  • <薬剤師に関する基礎知識>国家試験・受験資格・給与・求人・職場
  • <薬剤師の仕事内容>調剤・医薬品供給・薬事衛生
  • <薬の話>薬剤師・ジェネリック・医療用医薬品・市販薬
  • <薬剤師コラム>派遣・管理・災害