薬剤師になりたい人のための仕事/資格/求人に関する知識【ホワッツファーマシスト】
派遣,薬剤師

派遣薬剤師で最適なワーク・ライフ・バランス

薬剤師は女性に人気の職業です。そのため結婚や出産により仕事を辞める人が多いのですが、子供の成長と共に復職を考える人も多数います。
正社員として働く程、時間の都合が合わない人に最適の働き方が派遣薬剤師なのです。

派遣のメリットとデメリット

空いた時間と薬剤師資格を有効に使うのに、派遣会社は最も適していると考えられます。

パート・アルバイトでも同様に働くことはできますが、派遣会社を通して働いた方がメリットを得られる場合が多いと思います。

派遣薬剤師の強み

派遣薬剤師として最も大きいメリットは賃金が高いということです。

パートでも薬剤師資格があれば時給2,000円を超える募集もありますが、派遣の多くはパート以上の収入が望めます。

時給が高いのには訳がある!

派遣会社が間に入っているにも関わらず、賃金が高いのには理由があります。派遣薬剤師に対して求人者から求められるのは即戦力であり、派遣会社を通すことで求職者の能力に対して、ある程度の信用が得られます。

基本的には最長1年という契約ですが、短期契約(3ヶ月)で複数更新により使える人材なのかを求人者は確認します。

労使交渉は派遣会社におまかせ!

自分に合わない職場と思ったら、次の契約をしないと派遣会社に伝えることで、派遣会社と派遣先の企業との話し合いで契約は終了となりますので、辞めやすいというメリットもあります。

セクハラやパワハラなどの職場での問題。また賃金交渉なども派遣会社を通して行えるのも、仕事に専念するために役立っております。

時間を有効に使える!

長時間の残業などはあまりない薬剤師ですが、派遣の場合は残業時給が高額となることもあり、ほとんど定時で上がる(退社)ことができます。休日出勤なども同様の理由でほとんどありえません。勤務時間が明確に決まりますので、メリハリのある生活を送ることができます。

子供が成長して手がかからなくなってきた頃に、薬剤師資格を持っていれば、パートはもちろんですが派遣として、希望時間に沿って働くことが可能なのです。

選べる仕事は経験・スキルアップに繋がる!

契約期間にもよりますが、短期スパンで色々な現場を体験することができますので、薬剤師資格を活かした仕事を選ぶことができます。

正社員では賃金の安いと言われている病院も、派遣の場合はで高給も望めます。経験を積みスキルアップすることで、契約時の時給を上げていくこともできます。

派遣薬剤師と正社員の違い

メリットがあればデメリットもあります。就職を決めてから失敗したと思わないように、派遣の不利な面も認識しておきましょう。

賞与は望めません

ほとんどの派遣業において賞与の設定はありません。時給、月給では正社員よりも高給となりますが、年収として比較するとほとんど変わらないという人もたまにおります。

収入面に関しては年収ベースで比較、検討するようにしましょう。

ダラダラしてたら昇給しません!

正社員でも必ず1年に1回昇給すると決まってはおりませんが、多くの場合4月に昇給が望めます。実力主義の派遣社員の場合は、スキルと経験のみで給料がきまりますので、毎年着実に昇給していくという保証がありません。

逆に派遣先に認められさえすれば、次回契約時に賃金交渉を行ってもらうことも可能です。

福利厚生が正社員と違う

派遣会社に雇用されているので、派遣先の福利厚生は一切関係ありません。しかし派遣元で福利厚生の面がしっかりしている企業も多数あります。

交通費が支給されないこともあるので、派遣先が自宅から遠い場合には、思いも掛けない出費となってしまう可能性があります。

祝日で減給!?

1日や2日ぐらいの祝日でしたら問題ありませんが、GWなどで数日間派遣先企業が休みの場合、月の必要な出勤日数を割ってしまい、給料が減ってしまう場合があります。

派遣契約を結ぶ際には確実に確認しておくようにしましょう。

仕事内容と契約更新

最近では減ってきておりますが、正社員と派遣の仕事内容を完全に分ける企業があり、それがメリット、デメリットとなる場合もあります。

そして最も気になる部分が次回契約更新についてです。仕事、職場に慣れてきても派遣先から契約が更新されない場合もあります。スキルや人柄などは問題無くとも、派遣先の人事関係で契約を切らざるを得ないという状況もありますので、こればっかりは仕方がないことでもあります。

印象の悪い派遣

派遣切りなどが問題となりニュースで伝えられることで、派遣に対するイメージが悪くなっております。正社員として腰をすえて働くことと、派遣で様々な企業、仕事を経験することには、どちらにもメリットがあります。

自分の今のスキル、生活状況に合わせて雇用形態を選択することは、将来を見据えている場合は良いことだと思います。

人材派遣と人材紹介の違い

人材紹介は薬剤師の求人のページでご紹介しましたが、求人情報を得るための会社であり、人材派遣とは、派遣会社の社員として求人している病院や薬局、ドラッグストアなどに派遣され仕事をします。

働いている期間は人材派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

紹介予定派遣で計画的に正社員として働く

最近多くなってきたのが紹介予定派遣です。正社員雇用を前提として一定期間派遣要員として働き、企業と働いている本人の双方合意した場合のみ、正社員として継続して働くという入社システムです。

どんなに説明を受けても、実際に仕事をしてみなければ分からないことが沢山あります。特に薬剤師の場合は、仕事内容はもちろんですが、職場の雰囲気などを知ることができるのが大きなメリットになります。

正社員として入社してから、職場の雰囲気に馴染めず、すぐに退社してしまうということが減り、企業側にとっても有利なシステムです。

また面接時に多少スキルが足りないと感じる場合でも、仕事に対する熱意をアピールすることにより、期間中の働きを見せることで、ワンランク上の企業への入社も可能かもしれません。

  • <薬剤師に関する基礎知識>国家試験・受験資格・給与・求人・職場
  • <薬剤師の仕事内容>調剤・医薬品供給・薬事衛生
  • <薬の話>薬剤師・ジェネリック・医療用医薬品・市販薬
  • <薬剤師コラム>派遣・管理・災害