薬剤師になりたい人のための仕事/資格/求人に関する知識【ホワッツファーマシスト】
薬事衛生

行政や民間で薬事衛生に関わる薬剤師

薬があるところには必ず薬剤師がおります。人の命に関わる薬であるからこそ、確かな知識を持った薬剤師による、管理・監視が必要となるのです。
薬事衛生という観点から、薬剤師の様々な管理業務を確認しましょう。

安全な薬や食品を守る薬剤師

人の口に入る薬や食品は製造段階から販売時におけるまで、徹底した管理体制を必要とします。

安心して薬を飲むことが出来るのは、薬剤師がしっかりと管理業務を行っているからとも言えるのです。

薬事衛生とは?

薬学という知識を活かし、薬の製造・販売・利用に際しての環境整備・管理・研究などが主な業務であり、医薬品以外にも食品や廃棄物・毒物劇物などの製造・廃棄に関わる衛生管理、環境管理などの業務をいいます。

医薬品製造業の管理者は薬剤師でなければいけません!

登録販売者制度が始まるまで、薬を販売することができる薬局・ドラッグストアを開設する為には管理者として薬剤師が不可欠でした(管理薬剤師)。

薬を製造する製薬会社では、責任者として薬剤師を配置し、品質・衛生管理などを行うよう薬事法に規定されております。

健康食品やサプリメントなどの医薬部外品や、化粧品などの製造業における管理者としても薬剤師は働くことができます。

薬に関する全般的な知識を前提とし、安全な物を提供するために製造工程、出荷前の品質最終チェックなど管理責任者としての業務が主な仕事となります。

食品衛生管理者・衛生管理者

食品の製造業・または加工業における行程における衛生面のチェックを行う食品衛生管理者。またそれに携わる従業員の健康状態や就業環境を管理する衛生管理者なども、薬剤師の知識を活かすことができます。

食品衛生管理者、及び衛生管理者として働くためには、講習を受け資格を習得する必要がありますが、薬剤師有資格者は薬学部において指定科目を履修している場合は講習が免除されます。

行政における薬事衛生・管理業務

薬剤師としての就職先に行政機関があることはご紹介しました。薬事衛生という立場にて最も仕事が多いのが行政の業務です。

薬事監視員としてのチェック業務

医薬品や医療機器、化粧品などの製造・販売に管理者として多くの薬剤師が関わっておりますが、公務員として外部から製品品質や製造・販売方法をチェックするのが薬事監視員です。

内部からの管理のみでは万全といえない安全性を、外部からの管理・監視により高い水準を維持するために欠かせない仕事といえます。

国内での製造・販売に留まらず、海外から医薬品や医薬部外品(サプリメントなど)を仕入れる輸入業者なども対象となります。

現在ではインターネットによる医薬品の販売も行われていることから、薬事監視員不足が懸念されております。

薬剤師ならではの業務

食品衛生管理者などと同様に、検疫委員、麻薬取締官、食品衛生監視員、環境衛生指導員などの任用資格業務を薬剤師は行うことができます。

麻薬取締、毒物劇物監視員など薬品に関する仕事、伝染病の予防などに務める検疫委員、食監として知られ飲食店などに対して衛生管理指導や、抜き打ちでの検査を行う食品衛生監視員、廃棄物処理業に多く携わる環境衛生指導員など、薬剤師公務員として多くの人が働いております。

  • <薬剤師に関する基礎知識>国家試験・受験資格・給与・求人・職場
  • <薬剤師の仕事内容>調剤・医薬品供給・薬事衛生
  • <薬の話>薬剤師・ジェネリック・医療用医薬品・市販薬
  • <薬剤師コラム>派遣・管理・災害