薬剤師になりたい人のための仕事/資格/求人に関する知識【ホワッツファーマシスト】
調剤

薬剤師による調剤で進む医薬分業

薬剤師法に薬剤師の定義として、調剤、医薬品の供給、薬事衛生をつかさどる者とされております。
多くの人が薬剤師の仕事として想像する、調剤という仕事について確認してみましょう。

調剤業務の概要

医薬分業が進んだことにより、いつの間にか病院内で薬を受け取るのではなく、病院の近所にある薬局に処方せんを持って行き、薬を貰うことが多くなったと思います。

ガラス張りにて受付と遮られた調剤室にて、白衣を着た薬剤師が行っているのが調剤業務です。

処方せんに従った調剤業務

医師、歯科医師、獣医師が診断し症状に合った処方せんを元に、薬剤師は薬を用意するために調剤を行ないます。薬剤師法により処方せんが無ければ、薬剤師は販売、授与することは出来ないと規定されております。

全て医師の命令通りに薬を用意する人と思われがちですが、処方せんの内容をチェックし、組み合わせによる副作用の危険性がある場合や、患者からヒアリングした症状などから、不適切な処方がされている場合には、医師に確認して処方せんを変更してもらうという権限があります。

医師と薬剤師によるダブルチェック(二重の確認)が、処方ミスなどを減らすことに役立っているのです。

医師による調剤

調剤業務は基本的に薬剤師のみが行ないますが、患者が希望した場合などは、自ら出した処方せんに限り調剤を行うことができると規定されております。

医薬分業とは、まったく逆をいくことになってしまいますが、医師との信頼関係があれば問題無いといえます。

外用薬の調剤もします!

調剤といっても錠剤を指定通り個数を用意するだけと考えている人もいるかもしれませんが、包装品を利用出来ない場合には秤や乳鉢・乳棒で散剤(粉末状の薬)の調剤を行いますし、錠剤を製剤することもあります。

もちろん点眼剤や軟膏・クリームなどの調剤も行ないます。

錠剤では患者さんが飲みづらい場合には、粉末にして提供などもすることができます。

病院調剤・院内製剤

薬局で行われる調剤と違い、入院患者用の薬を用意するのが病院調剤です。内服薬、外用薬以外にも、注射薬の調剤も行われます。

病院内での使用が限定され、薬剤部にて医療用市販薬を利用できない特定患者の治療に対し調剤が行われ、院内製剤ともいわれます。

処方せんとお薬手帳

薬剤師に馴染みの深い処方せんと、最近利用されだしているお薬手帳についてご紹介します。

処方せんに症状は書かれていません

薬を受け取る際に薬剤師から、症状や医師の診断結果などを聞かれたことがあると思います。

処方せんをマジマジと見る機会も少ないと思いますが、処方せんには症状などは明記されてなく、薬と容量などが記載されているだけで、薬剤師には処方された理由などは処方せんから確認することができないのです。

処方せんには有効期限があります!

病院で診察を受け薬が処方された場合、多くの人はその足で薬をもらいに行くと思います。

そのため処方せんに使用期間があることを知らない人は多いと思います。

処方せんに使用期間などとして日にちが書かれている場合もありますが、基本的には処方せんが交付された日の4日後までしか、その処方せんは有効ではありません。

期限が切れた場合には、症状が変化していることも考えられるので、再度診察を受けてもらい、新たに処方せんを発行してもらわなければいけません。

あまり無いとは思いますが、薬は診察を受けたその日に貰うようにしましょう。

お薬手帳のススメ

複数の病院や調剤薬局を利用する場合、薬の飲み合わせなどが問題となる場合があり、薬剤師から他に飲んでいる薬を確認されたことがある人も多いと思います。

症状により薬剤師には、ある程度の薬の種類は想像がつきますが、正確な情報を得るために、現在利用されているのが「お薬手帳」です。

処方された日付、薬の名前、1回分の容量、用法、何日分が処方されたかなど、処方された薬に関して様々な情報が記載されます。

お薬手帳は作るのは無料ですが、情報記帳料として毎回30円から50円程のお金がかかります。しかしアレルギーや飲み合わせによる副作用を防ぐためには最も有効とされております。

1人1冊のお薬手帳

現在調剤薬局で処方を受けると、お薬手帳の作成を勧められます。診察を受けた病院、薬を貰った薬局が違うとしても、お薬手帳は1冊にまとめておかなければ意味がありません。

自分が飲んでいる薬を1冊にまとめることで、お薬手帳は効力を発揮します。ドラッグストアで市販薬を購入する際に、薬剤師に見せることで最適な薬を選んでもらうこともできます。

自分でメモを記入できるスペースもありますので、市販薬を購入した際に薬の名前や使用した期間などを記入することで、さらに便利な手帳になります。

災害時に常薬を無くしてしまった場合などに、お薬手帳があれば処方せん無しでも薬を受け取ることができる場合もありますので、非常用持出し袋などに入れておくのが良いとされております。

  • <薬剤師に関する基礎知識>国家試験・受験資格・給与・求人・職場
  • <薬剤師の仕事内容>調剤・医薬品供給・薬事衛生
  • <薬の話>薬剤師・ジェネリック・医療用医薬品・市販薬
  • <薬剤師コラム>派遣・管理・災害